添付調味料(スープ)の製造工程

Movieで見る

添付調味料(スープ)の原材料

スープの原材料

添付調味料には、粉末、液体、顆粒の3種類があります。いちばん多く製造されているのは粉末状のもので、味のスタイルは中華風です。

粉末スープの原材料となるのは主に次のものです。

基本調味料
食塩、しょうゆ、味噌、ソース、糖類、食酢、食用油脂など
天然エキス
畜肉、魚介、昆布、野菜など
乾燥粉末
畜肉、魚介、野菜、果実、キノコ、のりなど
香辛料
胡椒、オールスパイス、ローリエ、にんにく、唐辛子など

添付調味料(スープ)の製造工程

1.【原料前処理】原料を乾燥させて、粉末に

【原料前処理】原料を乾燥させて、粉末に

ペースト状、液状の原料(天然エキスなど)は、食塩などとともに乾燥し、粉末状に粉砕します。

2.【予備混合】配合量の少ない原料から混合

原料のうち、配合量の少ない香辛料や調味料(アミノ酸など)は、あらかじめ混合しておきます。

3.【本混合】すべての原料を混合し、湿度を管理

前処理した原料と、予備混合の終わった粉末と、そのほかの原料を混合します。混合室の温度および湿度は一定に管理し、湿気を帯びないようにつぎの工程に移します。

4.【検査】成分分析で品質を確認

粉末スープ1~2gをとり、100mlの熱湯で溶かしたものを、同じ品質が保たれているかどうか、標準保存サンプルと比較します。また、水分、塩分、エキス分について分析し、品質を確認します。

5.【小分包装】粉末スープを充填包装機で小袋に

【小分包装】粉末スープを充填包装機で小袋に

検査後、粉末スープを充填包装機で小袋に入れ、熱ヒーターでシール密封します。ここでもシールの状態や重量について検査します。

ほかに、液体スープやペースト状スープが添えられる場合があります。
特にめんに油脂を含まないノンフライめん(熱風乾燥めん)では、ラードや胡麻油などの食用油を別添するか、スープに油脂を練り込んだペースト状のものを使うなどの方法がとられます。

関連Movie

深い味わいを作り出すスープ