平成29年度インスタントラーメン小学生レシピコンクール 九州・沖縄地区大会

インスタントラーメン小学生レシピコンクール

11月4日(土)福岡市内/主催:一般社団法人 日本即席食品工業協会
後援:農林水産省、公益社団法人 日本栄養士会

食育推進事業の一環として、全国の小学校4年生から6年生を対象とした、「インスタントラーメン小学生レシピコンクール(第16回)」が今年もスタート。
2017年11月4日に開催された九州・沖縄地区大会では、応募の中から選ばれた19名の小学生が集まり、実際にその場で調理をしました。

大会のようす

今年の最優秀賞は土鍋を使った盛り付けの工夫が際立つレシピ。優秀賞は小城の名物、「鯉こく」をつかった九州・沖縄地区らしいレシピが選ばれました。

受賞レシピ

最優秀賞

ミルフィーユ クルクルラーメン

松本 錬(まつもと れん)くん 6年/福岡県

審査員からのコメント お母さんの好物で、片手でも食べられるから仕事をがんばってほしいとアピールしています。なんという家族愛!そんな動機のレシピが美味しいのは当然であり、人の心を打つのは間違いなし! 土鍋に豚バラ白菜を巻いた食材がきちんと納められた盛り付けの工夫が見事。誰もが納得する美味しさ。 白菜と豚バラと麺の食感のバランスがとても良かった。土鍋のふたをとると同時に湧き出る湯気と香りが強く食欲をそそった。これからの季節にとっても良いメニューになりそう。 冬にぴったりのメニューでこれまでのインスタントラーメンの枠にとらわれず麺の使い方のアイデアが素晴らしいです。ラーメンの新しい世界観をみたような気がしました。
これからも新しいレシピの提案を楽しみにしています。

優秀賞

鯉こくラーメン

荒木 飛和(あらき とわ)くん 6年/佐賀県

審査員からのコメント 郷土の食材を用いたところが何よりも素晴らしい。
これを機に小城市から全国へ「鯉こく」の究極の美味しさが発信されていくことを切望します。
小城の名物、「鯉こく」を使ったアイデア料理、出汁がよく効いてすっきりとした味に仕上がっています。 鯉の出汁がとってもよく効いていてしみわたる味だった。具として盛っている鯉もおいしくラーメンの具材としてとてもよく合っていた。地元感を強く感じる、日本らしい風味。 地産地消という考え方、郷土料理の伝統を大切に次につなげていくメニューだと思いました。鯉こくは苦手でもラーメンのスープや具材に利用することで広く知ってもらえるきっかけになります。これからも地元の食材や料理を大事にしてくださいね。

アイデア賞

発酵食品ラーメン

入江 友理
(いりえ ゆり)さん
6年/福岡県

ピーマンしょうゆめん詰め

宮地 結愛
(みやち ゆいな)さん
6年/福岡県

努力賞

天草宝島ラーメン

原田 真央(はらだ まお)さん6年/熊本県

魚貝ラーメン

山形 友誉
(やまがた ともよ)さん
6年/福岡県

入賞

「ラーメンDE キャラメルおこし」

植木 友萌(うえき ゆめ)さん6年/福岡県

「中華風パリパリサラダ」

牛尾 誉(うしお ほまれ)さん6年/福岡県

「ラーメン肉まきにぎり」

大野 倖花(おおの さな)さん5年/福岡県

「エビ、アサリのラーメン」

小川 朔太郎(おがわ さくたろう)くん5年/福岡県

「ラーメンかりんとう」

甲斐 日香理(かい ひかり)さん6年/福岡県

「ピーめんぎょうざ」

香月 悠李(かつき ゆうり)さん6年/福岡県

「九州とんこつ トマト グラタン」

加藤 愛奈(かとう まな)さん5年/宮崎県

「ラーメン入りちくわのいそべあげ」

菅 歩乃佳(かん ほのか)さん6年/福岡県

「めんたいまろやか豆乳めん」

櫻井 陽都(さくらい ひなつ)さん5年/福岡県

「にんじんそばめし」

柴田 凜(しばた りん)さん6年/福岡県

「ピザラー」

中山 壱修(なかやま いっしゅ)くん6年/福岡県

「うまかっ!トマトパスタ」

望月 遼(もちづき りょう)くん5年/福岡県

「The福岡 焼きラーメン」

吉原 煌(よしはら こう)くん6年/福岡県

※各賞での氏名の記載は50音順です。

全国大会結果発表 詳細はこちら! イベント一覧に戻る