うなどんミルフィーユテリーヌ

オリジナル料理コンテスト2016 「栄養と料理」賞

中嶋 千里(なかじま ちさと)さん

日本大学短期大学部 食物栄養学科 2年 静岡県

料理のPR
テリーヌでありながら、うなぎとうどんを入れ、ソースは蒲焼風にしたことで馴染みのある味に仕上がりました。白菜のシャキシャキ感やうどんのもちもち感など様々な食感が楽しめます。緑が鮮やかな白菜と何層にも重ねることでうどんをいつもよりオシャレに頂ける逸品です。
食べてほしい人

材料( 2人前 )
  • 即席めん/うどん(しょうゆ味) … 1袋

    <テリーヌ>

    白菜(葉) … 250g

    うなぎの蒲焼 … 1尾

    酒 … 大さじ1

    油揚げ … 20g

    (a)

     しょうゆ … 小さじ1/3

     みりん … 小さじ1/3

    茹でしらす … 30g

    <ゼラチン液>

  • ゼラチン … 10g

    湯 … 300ml

    <ソース>

    蒲焼のたれ … 10g

    白ワイン … 10g

    片栗粉 … 小さじ1

    水 … 小さじ1

    <飾り>

    レッドペッパー … 10粒

    セルフィーユ … 適宜

作り方
  • 1
  • テリーヌを作る
    (1')白菜の葉を茹でる。
    (2')アルミホイルにうなぎと酒をふり、包み、フライパンで蒸す。
    (3')麺を茹でる。
    (4')油揚げは(a)で下味をつけて、細かく切る。
    (5')ゼラチンは水でふやかし、お湯で溶いた添付スープで溶かす。
    (6')型に(1')の白菜→しらす→白菜→(3')の麺→白菜→(2')のうなぎ→白菜→麺→白菜→しらす→白菜の順で(5')のゼラチン液を注ぎながら重ねていく。
    (7')(6')を冷蔵庫に入れ、固まったら型から取り出し、2~3cmほどに切る。

  • 2
  • ソースを作る
    蒲焼のたれとワインを煮詰め、水溶き片栗粉でとろみをつける。

  • 3
  • 器に、(2)のソースで模様を描き、(1)のテリーヌをのせ、レッドペッパーとセルフィーユで飾り、出来上がり。