京野菜を使った白味噌あんかけラーメン

オリジナル料理コンテスト2016 入賞

吉田 尚央(よしだ なおひろ)さん

京都調理師専門学校 イタリア料理上級科 2年 京都府

料理のPR
地元京都の恵みをふんだんに使用した一品です。
素材の旬にもこだわり、今の時期が一番美味しく、栄養価も豊富な食材を選びました。味付けも京伝統の白味噌をベースにし、インスタントのスープとのバランスを考慮し、最後に柚を散らしたことで上品な京風ラーメンに仕上がりました。それぞれの素材を活かすため工夫した調理法もポイントの一つになります。
食べてほしい人

材料( 2人前 )
  • 即席めん(みそ味) … 2袋

    紫大根 … 50g

    金時人参 … 20g

    堀川牛蒡 … 1/5本

    壬生菜 … 1/4束

    九条ねぎ … 1/5本

  • 柚 … 1個

    白みそ … 50g

    塩 … 適量

    こしょう … 適量

    水溶き片栗粉 … 適量

作り方
  • 1
  • 紫大根・金時人参は塩茹で、堀川牛蒡は150℃の油でカリッとするまで揚げ、塩をしておく。

  • 2
  • 壬生菜は2.5㎝に、九条ねぎは小口に切っておく。

  • 3
  • フライパンに少量の油をひき、(2)の壬生菜・九条ねぎを軽く炒める。

  • 4
  • (3)に、(1)の紫大根・金時人参も加える。

  • 5
  • 1Lのお湯に添付スープ(2袋)を入れ、麺を3分半茹でる。

  • 6
  • (4)に少量の(5)の茹で汁を加え、軽く蒸す。

  • 7
  • (6)に白みそを加え、塩・こしょうで調味し、水溶き片栗粉でとろみをつける。

  • 8
  • (5)の茹であがった麺をお皿に盛り、(5)のスープをレードル一杯分かける。

  • 9
  • 更に上から、(7)のあんをかけ、(1)の揚げておいた牛蒡を散らし、最後に柚の果皮のせん切りを上から散らして出来上がり。