さっぱりいなりずし 〜岡山の山の幸〜

オリジナル料理コンテスト2017 優勝

森岡 優衣(もりおか ゆい)さん

県立津山東高等学校 食物調理科 1年 岡山県

料理のPR
岡山産のしょうが・ゆず・しめじ・木の芽など、山の幸をたっぷり使用し、香りも楽しむことのできる料理です。最近注目されている和食を若い人にも食べてもらえるように、いなりずしと汁物を簡単にアレンジしました。めん団子の外はパリッと中はもちっとしていて色々な食感を楽しめます。
食べてほしい人

材料( 2人前 )
  • 即席めん(きつねうどん/カップ) … 2個

    <いなりずし>

    ごはん … 80g

    すし酢 … 20ml

    たくわん … 4枚

    しょうが … 5g

    ちりめんじゃこ … 5g

  • ゴマ … 5g

    木の芽 … 4枚

    <お吸い物>

    三つ葉 … 4本

    しめじ … 4本

    柚子の皮 … 4g

作り方
  • 1
  • 麺を砕いて、それぞれ既定の水量(410ml)で5分間おく。

  • 2
  • 鍋に、水(400ml)・油揚げ2枚(入っているもの)・添付スープ(1袋)を入れて温める。(スープは後で吸い物として利用)

  • 3
  • たくわんとしょうがをみじん切りにする。

  • 4
  • 柚子の皮は、せん切りにする。

  • 5
  • ごはんとすし酢をまぜ、(3)・ちりめんじゃこ・ゴマを加えて混ぜる。

  • 6
  • (1)の麺をそれぞれ水切りし、1個目は(5)に加えてまぜる。

  • 7
  • 2個目は添付スープ(1袋)入れ、すりばちで練り団子状にし、180℃の油で表面がきつね色になるまで揚げる。

  • 8
  • (2)の油揚げを半分に切り、(6)の具を入れ、木の芽をのせる。

  • 9
  • 三つ葉としめじを茹でて、しめじを(2)のスープに入れて温める。

  • 10
  • 器に、(7)の団子、(9)の三つ葉・しめじ、(9)のスープを入れ、(4)の柚子の皮をのせ、出来上がり。